Blue‐gun‐eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS トイズ・プランニングPVC製塗装済完成品「木ノ下 留美」 そして もう少しメリハリがあっても・・・

<<   作成日時 : 2007/06/05 02:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週購入したPiaキャロットへようこそ!!G.O.から、店長「木ノ下 留美」さんっす!
キャンプシーンで登場する、白水着Ver.で立体化。

      トイズ・プランニング PVC製塗装済完成品
      ノンスケール
      原型師:未公表
      Piaキャロットへようこそ!!G.O.より
      「木ノ下 留美」
画像

実は、薄々とは思ってたんだけど顔が結構良い感じだったので、予約してしまったのだが、お値段の割りに・・・だった。

画像

画像

顔は、原画師 ひなた睦月さんのイラストを上手く立体化してると思うが、心持ち、平らになってる気がする。
口を、ハッキリと分かれた2色塗装するの何とかならないかな。薄っすらグラデーションだったら良かったんだけど。
ポニテは良い感じかな。風が左下から吹いてると思うので、イラストを再現してて好感持てるよ。

画像

画像

B88の立体化には成功してる(オイオイ)。
水着の結び目が、フィギュアがデカイ(約29cm)割りにちょっとダルくなってて残念。

画像

画像

W・Hは、イラストから比べるとちょっとメリハリがない感じに思う。
タオルは着脱可能になってるけど、指の先に保持するためのダボが残るのが惜しい。
タオルには、ドカ〜ンとパーティングラインが入ってて「そりゃ無いよ・・・」という思い。小物にも気を使ってくれー。

画像

もう少し、メリハリが欲しかったよ〜。と思った脚。

画像

足首のリボンの色は、赤の筈なんだけど。完成見本画像も、白だったので良いんだけどね。
足は、ビーサンのストラップを境に上下に別パーツ化した都合上、どうも偏平足気味に感じる。


全体的に水着フィギュアとはいえ、バストだけ強調してて他には特徴が掴みずらい(何か物足りないかな)作品。
あと、PVCの成形ムラが所々あるかな。
ちょっと、お値段がはったのでキツイレビューに。

途中、画像が暗くなってしまったのは謝ります。もう少し頑張らねば。


この「留美」店長のレビューもしてないのだが。
画像

これは、些細な一箇所が塗装で表現されたためにテンション降下してしまって、箱の中に入ったまま。俺的な箇所でね。ユーザーさんで気が付いた人がいたら、オイオイって感じなんだろうけど、そこがブルーガンアイの特色でもあり、フェチ道でもありということで。パンチラ全開は、特に問題にしてないから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらずでお元気そうですね。

しかし、またコメントしにくいブツですね。画像を拝見する限り、顔が少し歪んでますか?というか長門作って思ったのですが、目が大きいキャラって実は目線とかの微調整を気合入れてやらないと変に見えません?
homa2
2007/06/05 21:50
homa2さんへ

お久しぶりっす!コメントサンキューです。

「アプロ」君(ちゃん?)は大事に育ててください。
ウチの実家で飼ってた「二コル」が天界に旅立って6年。最後は、会うことが出来ませんでしたが、一緒に過ごした時間は一生忘れない思い出として心に残ってます。

>歪んでますか?
目線のせいでそう見えると思う。撮影がヘタなせいもあるけど。
原画師 ひなた睦月さんのキャラは立体で目線を合わせるの難しいと思う。
一番上の画像の右目は、イラストじゃこの角度に瞳が向いてるので、忠実に再現したものと思うけど、立体にすると目線が合ってないように見えるよね。所謂、「2次元と3次元のマジック」というヤツです。こればっかりは、大昔からフィギュア(タミヤさんとかドラゴン社のミリタリーフィギュアから)に関していうなら永遠のテーマだと思う。箱絵と骨格が違うとか、服のシワが立体の方が合ってるとかね。

と言う訳で、大量生産品に目線の微調整に気合を求めるのは酷という思いもするけど、ある程度のクオリティは出して欲しいよね。
ブルーガンアイ
2007/06/06 01:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トイズ・プランニングPVC製塗装済完成品「木ノ下 留美」 そして もう少しメリハリがあっても・・・ Blue‐gun‐eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる