Blue‐gun‐eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンダーフェスティバル 2011 [夏] 行軍レポート そして ガレージキットレビュー とオマケ

<<   作成日時 : 2011/07/31 04:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月24日(日)のワンダーフェステバル 2011 夏(以下WF)の記録っす!今開催より、午後から仕事などということはなくなり、ゆっくり廻ることができたので行軍レポート形式とさせていただく。

今回は始発組とダイレクトパス組の違いを検証したくて、午前4時30分頃の出発。でも海浜幕張駅着の始発にはどう見ても乗り継ぎは無理。幕張メッセには、午前6時7分着。しかし、もう改札ダッシュが出来るほどの年齢でもないのでゆっくり徒歩移動。そのうち、次の到着電車の改札ダッシュ組に抜かれる始末。歩いて一番時間が掛かるデータ取りという事で…。
ここからはtwitterからの記録となるが、午前6時28分に会場に鎮座。先頭がどこかは確認していないが、感覚的には結構な人数が自分より前に並んでいた。確かに午前5時代に京葉線上下9本の電車があれば、結構な人数になるはずだ。
その後にやはり眠くなってきたので、その場で眠ってしまう。鎮座した場所は日陰で涼しかったので、気持ちよかったんだろう。
そのうちに、午前8時半頃に最初の列圧縮。今度は、日なたに移動。これは次の圧縮まで約1時間だったんだけど、背中に直射日光を浴びる場所で鎮座。日陰に居た時に、熱中症対策グッズを使い切ってしまっていたのが痛かった。
午前9時半頃に、二度目の列圧縮。ここからは日陰に移動して難を逃れる。このときにダイレクトパス組との列が合体が完了したと考える。あとは細かい列圧縮があった。
午前10時開場の、入場は午前10時20分頃の入場。

入手しようとしていたガレキアイテム第1候補だが、終了の札が…。事前人気具合を考えると当然と思っていたが、やっぱり自分の目で確かめないと納得できないのでね…。その後も苦戦を強いられたな。廻る順番を熟考したんだけどね。

まどか☆マギカ」(以下まど☆マギ)版権を中心に廻る順番だったのだが、やはり時のタイトルは違うな。開場後20分の入場でも事前人気は終了ばかり。この状況は、4年前のワールドホビーフェスティバルで初頒布された「初音ミク」の現象に似ている。当時、友人の知り合いのディーラーさんが「ミク」(頒布タイトルの選択)に完敗したと言っていた。「まどか☆マギカ」は、塗装済完成品もまだない状態なので(当日グッドスマイルカンパニー(以下GSR)さんでねんどろいど制服まどか発売)、この作品の人気っぷりに合わせて一般参加者からみても当然かと思う。あとは「リリカルなのは」みたいに長期に渡って人気が持続できるコンテンツとなりうるかだが…。仕掛け人の一人は両作品とも「新房 昭之」監督だけどね。

なんだかんだといっているが、今回は4アイテムを入手。

その後4ホールの頭から順に廻っていった。

午後2時20分から、企業ブースへ。お祭り(本当の意味での)会場状態だったな。GSRさんの気合の入りっぷりに驚き(10周年だからかな?)、江頭2:50さんの登場にびっくり。かなり熱い状態だった。でも、冷静にフィギュア撮影している俺。

そして午後3時半頃に帰還。家に到着したのは午後5時頃。

その後は、一段落したら翌朝まで爆睡。


今開催の会場内GKキャラクター人気は、全体的には「東方」関係が多かったかな。次点が「まどか☆マギカ」関係という印象。版権に制約があった関係で、これが今後の定番になるとは考えられない。やはり冬のトレジャーフェスタが今後のキャラクター人気動向を見る上で重要になりそうだ。


次回のワンダーフェステバルは2012年(ガイドブックは誤植?)2月12日(日)に幕張メッセで開催予定。


4アイテムを入手。
紹介順は、キャラクター名の五十音順で。
掲載にあたり、快く御許可をいただいた各ディーラー様有難うございました。

      ディーラー名:すぺあている
      原型師:せつき さん
      ノンスケール レジン製組立てキット
      まどか☆マギカより
      「暁美 ほむら」
画像

すぺあている 原型師 せつき さんの暁美 ほむら(以下ほむほむ)っす!今回は武器を持ったまど☆マギ作品を入手するというテーマでネットで探している時に見つけたほもほむ。表情が最終回ラストを上手く表現されていて入手を決めた。キュウべぇもしっかり造形されている。業者抜きのようで、ディテールもしっかり抜けておりマスキングもし易いだろう。キュウべぇを肩に乗せるのは調整が必要なようだが、その他は組立てて塗装にいけそうな感じなので、まど☆マギからガレキ制作をしてみたいなという人にオススメなキットかもしれない。パーツ数は弓の弦の糸も含めて29。糸の紛失には注意したい。

      ディーラー名:夢祭工房
      原型師:猫野 啓太さん
      1/7スケール レジン製組立てキット
      Rewriteより
      「神戸 小鳥」
画像

Key作品のヒロイン達に、熱い情熱をかけて作品を作り続けている夢祭工房 原型師 猫野 啓太さんの神戸 小鳥っす!ソフトハウスKeyさんの最新作「Rewrite」のメインヒロイン。原型師 猫野さんの作品は、「神尾 観鈴」以来しばらくぶりと入手となってしまったが、パーツ分割やディテール再現の拘りがワンステップアップしているのが見て取れる。個人的に、二足接地を立体化したときに、足が地にしっかり着いているのが好印象。キットは細かい湯口が多いが、成形に手間取るというほどではないので問題はないだろう。パーツ数が32でちょっと多いかな。細かいパーツが多いのでパーツ紛失には注意したい。

      ディーラー名:ツクヨミクラフト
      原型師:コーさん
      ノンスケール レジン製組立てキット
      まどか☆マギカより
      「美樹 さやか」
画像

画像ピンボケでスミマセン…。ツクヨミクラフト 原型師 コーさんの美樹 さやかっす!まど☆マギの立体化作品をネットで探している時に武器を持ったこの作品を見つけて入手を決めた。キャラクター原案 蒼樹 うめ さんの特徴を捉えつつも少し成長した感じと笑顔が印象を与える造形が気に入った。着地している左足が長く見えるが、固定用ベースとラインが繋がっているために長い印象を受ける。キット付属の固定用ベースは好みで使い分けても良いかなと思う。キット説明を読むと組み立てに制約があるが難解ではないので、ガレキ初心者でも問題はないだろう。パーツ数は固定用ベースを含めて22。

      ディーラー名:makeplus
      原型師:うちだこうじ さん
      1/7スケール レジン製組立てキット
      Kanonより
      「水瀬 秋子」
画像

makeplus 原型師 うちだこうじ さんの水瀬 秋子さんっす!当ブログで度々触れているが、今現在Kanonから立体物を新規造形で頒布してくれるのは、原型師の方のスピリッツがない限り奇跡に近いと思う。今回、TH2 柚原 春夏さんに続き(なのか?)ママンシリーズ(勝手に言っているが)第2弾で秋子さんを立体化してくるとは。それも、アダルティに…。キットのプロポーションは妖艶に再現されていて良い感じ。キャミソールはクリアパーツで再現されていて、塗装に自由度が高い選択をしてくれた。パーツ数13。購入特典の「謎ジャムセット」が嬉しい。脳内で、CV皆口さんの「了承」というアダルティなボイスが聞こえてきそうな作品だよ。


ここからは、WF会場で発表されていた新作PVC製塗装済完成品を掲載。
俺自身が欲しいと思ったものしか撮っていないので記録として掲載。
また、殆どが原型段階のもので当日発表と思わしき作品が中心となっているので、画像に花がないのはご容赦願いたい。

コトブキヤさんの「レーティア・アドルフ」総統。それもアイドルVer.で登場。
画像


コトブキヤさんの「坂上 智代」。眼鏡がポイント高し!
画像


コトブキヤさんのゲーマガ立体企画「穢翼のユースティア」。先ずは「ティア」から。
画像

画像


コトブキヤさんの「高町 なのは」。口にパンはベタネタだが、フィギュアでは全くと言っていいほど無いシチュ。
画像


コトブキヤさんの「高坂 桐乃」。秋葉原に行った時の服。実はコレを待っていた俺。
画像


コトブキヤさんの「新垣 あやせ」。顔の表情がいい感じ。
画像


コトブキヤさんの「黒猫」。コレも待っていた俺。
画像


アルターさんの「高町 なのは」。もうどの劇中での「なのは」さんなのか判らん。
画像


アルターさんの「フェイト・テスタロッサ」。コレは劇場版となっているが、こんなシーンあったか?
画像


アルターさん「種島 ぽぷら」。先に「山田」が出るとは思わなかったが、真打登場ですな。
画像


アルターさんの「メリー・ナイトメア」。結構期待している。
画像


アルターさんの「直江 兼続」。やっぱりボリュームある作品だった。
画像


オーキッドシードさんの「藍沢 奈緒」。仕上がりがこのままでありますように。
画像


オーキッドシードさんの「西川 千春」。オーキッドシードさんの独自路線は凄い。ハルハルも注文するな俺。
画像


オーキッドシードさんの「一条 真奈美」。コップから垂れる液体をどう表現するのか?胸の透けはあるんだよね?
画像


GSRさんの「牧瀬 紅莉栖」。あとは仕上がり次第かな。
画像


GSRさんの「高坂 桐乃」。俺はコレは買いだな。コトブキヤさんの「黒猫」と比べるのも面白いかも。
画像


GSRさんの「アルセーヌ」。もうねんどろいどでしか展開しないなと思っていたから、不意を突かれた感じ。
画像


GSRさんの「初音 ミク 恋は戦争Ver.」。ヴィネット作品で展開とは。
画像

画像


グッドスマイルカンパニー上海のオリジナル企画?デザインが俺的に好みなので掲載。
画像

画像



当日発表されて発売間近の他作品や原型については、他サイトさんで美麗な画像があるので、ご参照ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンダーフェスティバル 2011 [夏] 行軍レポート そして ガレージキットレビュー とオマケ  Blue‐gun‐eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる