Blue‐gun‐eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS キャラホビ2011 C3×HOBBY 2日目 行軍レポート そして GKレビューからスピナー

<<   作成日時 : 2011/08/30 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

間が空いて(2日間ハシャギすぎて疲れた)しまい申し訳ない。2日間開催のキャラホビ2011 C3×HOBBY(以下キャラホビ)の2日目。行軍レポートと入手したガレージキット(以下GK)レビューとフジミ模型さんで発表されたスピナーの紹介っす!

先ずは予定していた出発時間に思いっきり寝坊してしまった…。前日のブログ更新で遅くまで起きていたのが敗因。前日より遅い出発。会場着は午前8時頃。でも前日より鎮座したところは前だったりする。イベント内イベントが前日より弱いせいなのか?列待機中に午前9時15分からの列形成のアナウンス。前日通りといった感じかな。今回は列圧縮が行なわれた。午前9時45分頃に若干列移動。開場は午前10時と予定通りに行なわれた。入場まで結構立ち止まることがあったの、どうも手間取っているなと思ったが、入場した時間はほぼ前日と同じ午前10時15分だった。

約10分で入手は完了(あらら…)。ブース内はかなり賑わっていた印象があった。なんだかんだとG関係GKはタイトル的に強いな。

某イベントから見ると、ディーラーさんがかなり少ないため島の頭から見ていってもすぐに終了してしまう…。

そのうちPSPソフト「まどか☆マギカ」ポータブルのトークショーが始まった。かなりの注目を集めていたな。でもPSPなんで入手できないけど。でもトークショー終盤はテンションが揚がっていた俺がそこにいた…。
その後は、富野監督・大河原先生のトークショーを観覧。


その後は、夕方まで大河原先生のサイン会までかなり時間が空いているので時間をつぶすのに苦労した。


大河原先生のサイン会が近づいてくると、何か込み上げるものがあって緊張しだした。だってね、俺がこの世界にどっぷり浸かる程の影響を受けた御大の御一人ですよ。まさか間近で会えてサインを戴けるとは…。
俺の番が来る頃には、せめて何か一言くらいは声をかけねばと思ったんだが「何も思いつかねぇ〜…」という状態だったな。
そして、先生の前に立った時には若干間が空いたが「先生は昔から工房をお持ちだったんですよね」だって…。
「昔からのファンなら誰でも知っていることじゃん、何聞いてんだ俺…」と心の中で…。
その後また間があって俺「いや、ホビージャパンなんかで先生がレベルカラーの広告に出てる頃からお持ちだったのかと思いまして…」
先生「あ〜」と言ってくれて「今ほど大きくなかったけどあったよ、昔から物を作るのが好きでね」
俺「木から作っていましたよね」
先生「木で作っていたけど今は金属だなぁ。金属を削るほうが楽しいし」
俺「金属ですか。何かその気持ちは少し判ります。自分もプラモとかで使うので」
先生はどう思ったか判らんが笑顔で答えてくれた。
一応会話は成立したみたいだ・・・。
そして、サインを戴き握手をして「これからも頑張ってください」と言い終了。

そのままキャラホビ会場を後にしたんだが、全身が震える思いだった。
帰りは、脳内で先生とのやり取りを何回リピートしたことか…。

家に着いたのは午後6時頃。

その後はどっと疲れてしまい、翌朝まで一度も起きずに寝てしまった。


中々ハードな2日間ではあったが今回のキャラホビは楽しませてもらった。


次回開催日は現時点で未定だが、また来年も楽しませてくれるイベントであって欲しい(カオスなイベントだが…)。


GKは2アイテムを入手。
紹介順は、キャラクター名の五十音順で。
掲載にあたり、快く御許可をいただいた各ディーラー様有難うございました。

      ディーラー名:ピースメーカー
      原型師:りゅういち さん
      ノンスケール レジン製組立てキット
      コードギアス 反逆のルルーシュR2より
      「アーニャ・アールストレイム」
画像

ピースメーカー 原型師 りゅういち さんのアーニャ・アールストレイム(以下アーニャン)っす!次回作が楽しみな「コードギアス」関連のフィギュアも一段落した感じがしてきたが、まだまだ立体化作品が少ない状態だ。その状況下でアーニャンの凛々しい姿を立体化してくれた。画像はダメダメで申し訳ないが、作品の表情が凛々しいポージングの中にも優しい笑顔が入っていて、良い造形をしている。塗装スキルが造形に追いつくことができるかが鍵になるのだが、とても挑戦しがいのある作品だ。またアーニャンの性格上、肌色の調色にも注意しなければいけないだろう。しかし、組み立てはパーツ数19と上手くまとまっているし、パーティングラインも控えめで気泡も殆どなく、ディテールも綺麗に出ているので好キットと言えるんじゃないかな。次回再頒布があるか判らないが、アーニャンや中の人のファンならぜひ入手してみて欲しい。

      ディーラー名:日向夏
      原型師:zenkoさん
      1/7スケール レジン製組立てキット
      機動戦士ガンダム00より
      「ネーナ・トリニティ」
画像

画像

日向夏(こちらの表記で良いんですよね?) 原型師zenkoさん
のネーナ・トリニティ(以下ネーナ)っす!00関係のフィギュアも一段落した感じがある中で、こちらもまだまだ立体化されていないキャラクターがあり、ネーナもその一人。今作は、ネーナの表情が気にいって入手させてもらった。
不敵じゃない優しい笑顔が良いね。また浮遊感が出ている作品だとも思っている。キットはディテールが良く再現されており、抜きも良くて気泡も殆どない。パーツ数22でディテールがカッチリ再現されているにも関わらずに、パーツ数は抑えられていて組み立て易そう。塗装はピンクから赤まで使うので調色及びマスキングに注意したい。


      フジミ模型
      プラスチックインジェクションキット
      「スピナー」
画像

この時代に「スピナー」がインジェクションキットで発表されるとは思ってもみなかった。値段はちょっと張っている感があるが、今まで出てたGKからみるとかなりの格安。さて、フジミ模型さんのブースに行って事情は聞いてきたが、ネットで公開して良いのか判らん話もあるので自己判断で書けるところまで。まず、マーキングに関しては箱絵になっているところまでで完全再現は出来ないようだ。成形色も白に変更されるのも大人の事情かもしれない。商品名がスピナーとなっているところが泣けてくる。でも、良く頑張ってくれたよねフジミさん。
マーキングの補完を別売りデカールなんかで対応できないかなフジミさん。

画像

完成見本。もう何かすぐ作りてぇって意欲が沸いてくる。10月発売予定。もう少し待て!

画像

これで全パーツかな?でも良くまとまってはいると思う。

画像

フジミさんの車キットのノウハウが入った感じのする作りだ。モールド(成形色が青のせい?)はあっさりかな。そんな感じなんで、スケール表記されていないが1/24スケールかもしれない。

酸性雨での雨垂れ再現とか、立ち上げ塗装とか色々試したくなっちゃう。
ファンは一人2個買い。「2個で十分ですよ2個で…ブツブツ」


元ネタが判らん人は「ブレードランナー」でググれ。そして観て欲しい。スピナーの降下・上昇シーンは今でも通用すると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャラホビ2011 C3×HOBBY 2日目 行軍レポート そして GKレビューからスピナー Blue‐gun‐eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる