樋上いたる 初画集 ホワイトクローバー そして 10年以上の年月が経ったのか…

Key10thメモリアルフェスに行けなかった(仕事中にチケット販売されても…)ので、入手できなかったが、通常装丁版が発売されたので入手した。ビジュアルアーツ刊 樋上いたるさんの初画集「ホワイトクローバー」っす!

      ビジュアルアーツ刊
      樋上いたる画集
      ホワイトクローバー
      通常装丁版
画像

樋上いたるさんのイラストを知ってから、10年以上の歳月が経つのか…。
10年前といえば、美ショゲー(殆どエロゲーだった)は年に1,2本位しか入手していなかった時に、何か泣かせるゲームが出たという噂を聞いて、入手したのが「Kanon 通常版」。この頃はパワーがあったな、結婚前というのもあったが、仕事から帰ってからひたすらプレイしていた。で、原画師というのを意識しだしたのが「樋上 いたる」さんだった。アニメのキャラクターデザイナーとは、また違う感じを受けた。特に樋上いたるさんの描く青い瞳の娘には、瞳の神秘さに凄い引き込まれたんだよ。「水瀬 名雪」「沢渡 真琴」「神尾 美鈴」「神奈備命」「坂上 智代」「藤林 椋」「神北 小鞠」「三枝 葉留佳」う~む沢山引き込まれたなぁ~。次回作リライトでも、「鳳 ちはや」オッドアイだけど眼帯してる「中津 静流」も何か引き込まれる魅力を感じている。
この画集の表紙も、小鞠たんでノックアウトだし。
コンプエースの表紙絵も懐かしいね。アクエリのイラストとかアニメ「かんなぎ」のエンディングイラスト等細かくフォローしている。巻末の彩色さんのメンツが、今考えると凄い豪華メンバーなんだけど。
画集自体は限定豪華装丁版というのが存在するが、それはイベント限定版。豪華すぎて開けない人も居るとか…。通常装丁版も重くて取り扱いは慎重にという感じ(落としたら絶対に角が凹む)。印刷は凄い綺麗だな。HPで一部印刷ピンホールのお詫びを告知している。一箇所だけあるんだよ確かに。でも、許容範囲だよコレは。以前にソッチ方面で仕事していたから判るが、酷いのはもっと酷いから…おっと!これ以上は…。

樋上 いたるさんのファンは絶対入手してくれ!というより入手しているか。

この記事を更新しながら、BGMは「OUTU club music Compilation vol.1・2」だったりする。

この記事へのコメント

homa2
2009年06月29日 19:57
乙です。
忙しいそうですが、趣味も多少でも楽しめているみたいで何よりです。
10年ってびびりますよね。自分もニトロの10周年ライブいってデモンベインってこんなに古かったっけ?と戦慄しました。
でもユーザーが支えメーカーが踏ん張っての10年です。いいものですね。
ブルーガンアイ
2009年07月01日 02:32
homa2さんへ
遅くなってごめん。コメントありがとう。

10周年というソフトハウスさんが結構あるんだよね。
その間、この業界は淘汰が多いのも事実。
1作品出してなくなった(音沙汰なし)ソフトハウスさんのなんと多いことか。ク○ゲーだった・バグだらけ・年齢設定に引っかかってしまった(高○生と堂々と設定)とかでね…。
その中で、10年続くのは凄いことだよ。
これからもユーザーとして支えていきましょう。
でも、20周年とかなったらもう爺さんなんですけど俺…。白髪で趣都の月末金曜に並ぶ絵を想像すると怖い。

この記事へのトラックバック